症状などについて|ハートガードプラスを使ってフィラリア予防を徹底していこう!

ハートガードプラスを使ってフィラリア予防を徹底していこう!

黄色の薬

症状などについて

カプセルや錠剤

ハートガードプラスでフィラリア症をしっかり予防してもらいたいところですが、そもそもフィラリア症とはなんぞや?
という疑問がおそらくあると思います。

もしあなたが犬を飼っているなら、ここでフィラリア症を完全に理解しておかなければいけません。
だから今回はフィラリア症とは何か?というテーマで話を進めていきたいと思います。

まずフィラリアというのは言い換えると犬糸状虫といいます。
主に「蚊」によって感染する寄生虫で、もしもフィラリアに感染してしまうと心臓病や肝臓病など、あらゆる体内の場所で重い病気を引き起こしてしまいます。
ちなみにフィラリアは成虫になるとまるでそうめんの麺みたいに細長い形状になります。
その大きさは最大で30cmなので、けして放っておくわけにはいきません。

そしてそんなフィラリアに感染してしまうとどんな症状が出てくるのか?
まず感染してからすぐにはフィラリアによる症状を発見することはできなくなっています。
つまり何も起こらないので、感染したことに犬も飼い主も気づかないことが多いのです。
実際にフィラリアの感染による症状は、主に数年後に見られる傾向にあるので注意してください。

そしてその際には咳をしたり、食欲が減退し、さらに大好きな散歩にも行きたがらなくなります。
ひどい場合は赤いおしっこをしたりするようになり、そのままフィラリアによって体内を完全に支配されてしまいます。
つまり亡くなってしまうということです。

フィラリアという寄生虫は成虫になると血管の中に入り込んでいろんな場所へ移動します。
こうなるとハートガードプラスでも治せないので、感染したら成虫になるまでにすぐハートガードプラスで治さなければいけません。