薬を投与していこう|ハートガードプラスを使ってフィラリア予防を徹底していこう!

ハートガードプラスを使ってフィラリア予防を徹底していこう!

黄色の薬

薬を投与していこう

カプセルを持つ手

これから初めてハートガードプラスを犬に使っていく際に、どんな使い方をしていけばいいのか?
まずフィラリアは蚊との関係によって感染するという話をしていますが、基本的に蚊は年中いるので「常にハートガードプラスを使い続ける」必要があるでしょう。

蚊といえば主に夏場に多く生息しますが、基本は季節関わらず予防するのがいいと思います。
ただ夏場がやはり圧倒的に多いので、暖かい季節は特にハートガードプラスを使い始めてほしいタイミングだといえます。
特に蚊が多く見かけるようになってから大体「毎月使う」のがベストです。

フィラリアが体内に入ったあと、心臓や肺といった場所まで行くのに大体「2ヵ月」はかかるといわれています。
つまりこの2ヵ月間がすごく重要なのです。
ハートガードプラスを毎月1回使い続ければ、フィラリアが成長する前に退治できるのでぜひ試してみてください。

ちなみにハートガードプラスを使い始めるタイミングと終わるタイミングについてですが、始めるときは蚊をたくさん見かけるようになってから1か月後がおすすめです。
そして使い終わる場合は、蚊をあまり見かけなくなってから1か月後がいいでしょう。
蚊がいなくなったと思ったときにすぐハートガードプラスの投与をやめてしまう人がいますが、それをすると今までハートガードを使ってきた苦労がすべて水の泡になってしまいます。
そのシーズン最後の投与を忘れてしまったら、それだけでもフィラリアに感染してしまう危険性が高まってしまいます。
だから忘れずにカレンダーにチェックでも入れておきましょう。

あと、フィラリア症の予防をし始めるその前には忘れずに病院で検査を受けてください。
検査については主に血液検査や検査キットを使っての検査になります。